賃貸住宅での退去と原状回復の負担

賃貸住宅で退去をする場合に原状回復の負担はどうなるのか?

場所ごとに借主の負担になるのか、貸主の負担になるのかをご紹介します。
一人暮らしをする場合に余計な負担にならにように知っておくと損をしない情報になります。
 
  • 壁・天井・壁紙など
 
まずは「貸主」の負担になる場合です。
  • いわゆる電気ヤケと呼ばれるものですが、テレビや冷蔵庫の後部壁面の黒ずみ
  • 壁に貼った絵画やポスターの跡
  • 個人所有のエアコイン設置による壁のビス穴や設置跡
  • クロスや壁紙が日照などの自然変色現象によっての変色すること
  • 下地ボードの張り替えが不要な程度の壁などの画鋲やピンなどの穴
 
次に「借主」の負担になる場合です。
  • 落書きなどの故意だと考えられる毀損
  • 天井に直接付けた照明器具の跡
  • 借主所有のエアコンから水漏れがして放置したために壁が腐食した場合
  • 壁などの釘穴やねじ穴で下地ボードの張り替えが必要なもの
  • タバコの匂いやヤニ
  • 結露を放置したために拡大したとみられる染みやカビ
  • キッチンの油汚れ
     
  • 建具・ふすま・柱など
     
まずは、「貸主の負担になる場合」です。
  • 網入りガラスの亀裂で構造により自然に発生したもの
  • 地震が原因で破損したガラス
  • 網戸の張り替え(次の入居者確保のため・破損していないこと)
 
次に「借主の負担になる場合」です。
  • 落書きなど故意による毀損
  • 飼育しているペットなどがつけてしまった柱の傷や匂い
 
  • 設備・鍵など
     
まずは、「貸主の負担になる場合」です。
  • 機器の寿命によって発生する設備機器の故障や使用不能状態になる場合
  • 破損や鍵の紛失がない場合の鍵の取り替え
  • 風呂釜や浴槽の取り替え:次の入居者確保が目的で破損していないことが条件
  • トイレやキッチンの消毒
  • エアコンの内部洗浄
  • 専門業者に全体のハウスクリーニングを依頼する場合
 
  • 次に「借主の負担になる場合」です。
  • 戸建賃貸住宅の庭に生い茂ってしまった雑草
  • 鍵の紛失や破損による取り替えをする場合
  • 日常の不適切な手入れや用法を違反してしまって設備を毀損した場合
  • 洗面台・トイレ・風呂のカビや水あか
  • 換気扇やガスコンロ置き場のすすや油汚れ
 
 
 
  • 一人暮らしで必要とされる金銭管理能力
 
お金についてですが、人それぞれです。パパッと使ってしまうか慎重に使うかです。
一人暮らしをする場合には収入の範囲で全てを賄わなければなりません。
実家暮らしではなくて一人暮らしをする場合は自己責任ですから金銭管理は必須のスキルです。
 
さまざまな支出が発生する一人暮らし。毎月支払わなければならない料金は
携帯電話代、ガスや電気や水道の公共料金・家賃があります。
計画的にお金を使って何にいくら必要なのかを考えましょう。
バランスのとれた金銭感覚をマスターすることは一人暮らしの必須スキルになります。
 
 
 
  • 一人暮らしをするために収支のバランスを意識しよう!
 
一人暮らしをする場合に出ていくお金である支出と入ってくるお金の収入のバランスをとることから始めましょう。
無計画にお金を使っていると支出が収入を上回ってしまい赤字が膨れあがってしまいます。
金銭管理を徹底して予算の範囲で生活しましょう
具体的にどのような事に注意をすればいいのでしょうか?
 
ポイントを列記しておきましょう
  • 自分の管理能力はどうなのか?(堅実派なのか大雑把派か)
  • 家賃以外に引越代や花材の購入費用がいること
  • 一人暮らしに必要になる費用は、家賃や食費や光熱費などさまざまであること
  • 同じ広さや間取りの部屋でもお住まいのエリアによっては差があります
  • 生活に必要になる費用を一度シミュレーションしてみるといい
  • 家計簿をつけて金銭管理のセンスを身につける
  • イザというときに備えて貯金するために無駄な出費を減らすこと

部屋探し